Webアプリケーションの
継続的セキュリティを
簡単に実現

Securify Scan(セキュリファイ スキャン)は自社のプロダクトに対して、
手軽に、何度でも脆弱性診断の実施を可能にし、
セキュリティレベルを可視化・DevSecOpsへの取り組みをサポートします。

経済産業省「情報セキュリティサービス基準」適合

  • Securify Scan Securify Scan
  • Securify Scan Securify Scan
  • Securify Scan Securify Scan
  • URLを登録するだけの
    簡単3ステップで診断開始
  • 充実した診断項目を
    直感的な操作で診断可能
  • 定期スケジュール診断で
    簡単運用
  • 専門知識がなくても
    わかりやすい診断結果

脆弱性診断から
対応までのサイクルを
自社でいつでもすぐに簡単に

外部のセキュリティベンダーに脆弱性診断を依頼した場合、開発後に即座に脆弱性診断をかけて修正対応するというサイクルをみ出しにくい状況です。また、脆弱性診断ツールを自社で運用するとしても設定や運用の難易度が高いことが実情です。脆弱性を放置したことで、重大な問題に発展することも少なくありません。

Securify Scanはシンプルで操作性の高いUIと充実した診断項目、わかりやすいレポートによって、脆弱性対応の継続的なサイクルを生み出します。

充実した診断項目

Securify Scanは多数の診断項目に対応しています。
セキュリティチェックにおいて重要な多数の項目を、高い精度で何度でも診断できます。

まずはトライアルで
脆弱性診断を
はじめてみましょう

14日間の無料トライアル実施中!

複雑な事前設定は不要
最短3ステップで診断開始

「①プロジェクト作成」→「②ドメイン所有者の確認」→「③診断対象のURLの登録」の3ステップで診断を開始でき、煩雑な事前設定は不要です。ドメインを登録すると、クローリングによって自動で診断対象抽出します。

シンプルで直感的な操作
使いやすいインターフェイス

現在の診断状況や危険度が一目でわかるダッシュボードや、セキュリティの専門知識がなくても診断を実施・管理できる直感的UIで、誰でも手軽にセキュリティ対策を実施できます。

わかりやすい診断結果で
継続的なセキュリティ改善へ

診断結果画面では発見された脆弱性の危険度、脆弱性により起こりうる問題、修正方法の例示を日本語で丁寧に解説します。
さらに、Slack連携やレポート出力など外部連携も備えており、チーム内外へスムーズに共有し脆弱性対応へと繋げることができます。

無料トライアル
お申し込み

14日間の無料トライアル実施中!

Securify Scan 利用規約

※アカウント発行には弊社からの審査が必要になります。改めて担当者からご連絡させていただきます。

サービスに関するご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください