2024年、義務化が進むセキュリティ対策とは

ホワイトペーパー概要

サイバー攻撃がますます巧妙化し、被害件数が増加する中、データ窃取や身代金要求といった被害も急増しています。

この状況を受け、経済産業省は2024年3月末までに全ECサイトに対しての脆弱性対策を義務化することを指針として示しており、今後多くの企業が対策に悩むことが予想されます。

本資料では、脆弱性の定義からWebセキュリティ対策の具体的手法まで、脆弱性診断の重要性も含めて詳細に解説しています。

期日になって焦る前に、ご確認ください。

この資料で分かること

  • 2024年に向けた経済産業省の指針
  • サイトの「脆弱性」って何?
  • 義務化に備えた対策例

こんな方におすすめ

  • 業務に追われセキュリティ対策がつい後ろ倒しになっている方
  • 国のセキュリティ対策指針の背景が気になる方
  • ECサイトに携わっているすべての方

業務でセキュリティに関わる方もそうでない方も、是非ダウンロードください。

※フォーム送信後、資料がダウンロードできます。

お役立ち資料一覧へ戻る

お役立ち資料一覧へ戻る